プロが教えるカクテル。少しのこだわりでテーブルは華やか

Blog, Recipe

  • HOME
  • Blog , Recipe
  • プロが教えるカクテル。少しのこだわりでテーブルは華やか

パーティーだから失敗しても盛り上がる

お酒が飲める方にとっては、パーティーのシーンでは、
ワインやビール、ウイスキーなど、さまざまなアルコールがあると
より楽しく、その時間を過ごせますよね。
ホームパーティーは手作りな面もありつつ、その中でもてなします。
お酒も作れると一味違う、華やかさがでるのではないでしょうか?
そこで今回は、プロのバーテンダーから聞いた、簡単に作れる
カクテルをご紹介します。

混ぜるだけ!のサングリア『風味』

とてもお手軽な作り方です。
本来、サングリアは赤ワインにフルーツを漬け込んで作るのですが
ここではお酒を掛け合わせることでできる
“サングリア風”をご紹介します。

簡単にできますし、グラスに入った
フルーツがとてもかわいく仕上がりますので、作ってみましょう。

【用意するもの】
・赤or白ワイン(安価なもの)
・オレンジジュース
・カシスリキュール
・ガムシロップ
・氷

作り方

簡単な割合は

1.赤ワインとオレンジジュースは8対8
2.ガムシロップはアイスコーヒーのポーションでいいので5mlのものを入れる
3.カシスリキュールを2ぐらい入れる
4.ここに好きなフルーツ類、オレンジなどをカットしってパッと入れる

これで、サングリア風が完成します。

いろんな果物を入れて楽しむ

他の方法では赤ワインとオレンジジュースに対し梅酒を入れるのもおいしくできます。

フルーツでおすすめなのは、赤ワインならベリー系やオレンジ、リンゴ、
白ワインならバナナ、グレープフルーツ、レモン、オレンジです。

また、おしゃれにシナモンを入れてもOK!
冬ならホットサングリアとしても楽しめます。

やや難しいけど、こだわってカイピリーニャ

ライムの酸味でスッキリとした味わいがいいカイピリーニャ。
ちょうどいい甘さとラム酒が美味しいお酒です。
少しお酒や道具を準備する必要はありますが
できあがったときの感動もあるので、
頑張ってチャレンジしてみましょう。

【用意するもの】
・ラム酒
・ライム
・ガムシロップ
・クラッシュアイス

作り方

1.ロックグラスにラム酒60mlを注ぐ

2.ライムを縦半分にカットし、真ん中の芯を左右から斜めにナイフを入れ、切り取ります(こうすることで芯のえぐみを除くことができます)

さらにライムを半月切りかいちょう切りにします

3.ラム酒の中にカットしたライムとガムシロップ(ポーション2個)を入れて、すりこ木などの棒で潰します

ここですべての材料をなじませます

4.最後にクラッシュアイスを投入して完成です

※写真は、氷水を使っての解説です。実演してくれました

注意点を守ればおいしくなります

カイピリーニャを美味しく作るには、
お酒を大量に入れず分量を守ること。
レシピ自体は簡単にみえるけれど、手順は間違えてはいけません。
味が安定せいず美味しくなくなってしまいます。

クラッシュアイスは、製氷機で作った氷をスプーンで
たたくと割ることができます。
通常のサイズの氷でもいいのですが、クラッシュした氷の方が
早く溶けるので、そちらの方が飲みやすく、楽しめるのがおすすめです。

なるべく小粒になる製氷皿もあるので、
試してみてもいいかもしれません。

その場で地産を味わえ、リキュール

黒大豆リキュール

リキュールの場合、いろんな種類が出回っています。
とくに思いつかれるのはカシスではないでしょうか?
しかし、ここで一工夫凝らしましょう。
おすすめなのが、地産のリキュールです。
例えば、栃木県では「TOCHIGI LIQUER」というものがあります。
種類も独自性があり、黒大豆リキュールや落花生リキュール、
とちおとめ&薔薇のリキュールなど、個性豊かなものがあります。

地産のリキュールで作ることで、その土地その土地の美味しいものが
飲めるので、「こんなのがあったんだ」と発見ができる楽しさも増え
より盛り上げると思います。

【用意するもの】
・リキュール
・オレンジなどのジュース類
・ソーダ
・氷

作り方

リキュールを割り材であるジュース類あるいはソーダで割ります。

1.グラスにリキュールを30ml入れます
2.少量の果汁を加えて、氷、リキュールをなじませます
3.ジュースを足して軽く混ぜると完成

手順としては簡単ですが、注意しなければいけないのは
2の項目を怠らないことです。
少量の果汁を加えてかき混ぜることで、氷からの水も加わり、味が調えられます。

ソーダで割る際も2の項目同様、少し足してから味をなじませてください。
炭酸の場合は、最後、入れたときのかき混ぜは優しく行ってください。
泡が底から湧いてくるので、あまりガシガシとかき回すと
味が落ちてしまいますので、静かに行いましょう。

練習

ジュースだから何度も練習できます

カルピスのソーダ割りで練習すると良いでしょう。
手順は同じでカルピスの原液を30ml入れ、
少量のソーダを注ぎ、混ぜてなじませます。
最後にソーダを足して、ゆっくり混ぜてあげましょう。
そうすると普段飲んだことのないカルピスソーダが完成します。
酸味が強く残り、ソーダのはじけ具合も強めの
カルピスソーダが完成します。

カクテル以外も聞きました!番外編

ここではプロだからこそ思いつく、面白いお酒の
楽しみ方をご紹介します。

好きなお酒を持ち寄ってプレゼン&飲み比べ

これは酒好きオンリーの盛り上がり方です。

まず、ホームパーティーでどんなお酒を飲みたいかのテーマを決めます。
それが例えば「ウイスキー」だった場合
各自が好きなウイスキーを持ち寄ります。
そして、なぜ、その銘柄が好きかについて1人ずつプレゼンします。
みんなでその話を聞いて、お酒について語り合い
最後には持ち寄った銘柄を飲み比べて
その味を楽しむというやり方です。

お酒好きしか集まらないので、料理人が友人にいる方や
そもそも趣味で料理が得意な人に、ちょっとずつの
おつまみ程度を作ってもらえば、
持ち寄りで手のかからない簡単なパーティーを開くことができます。

焼酎好き必見!こんな飲み方があったのか!

これはかなり目からうろこな方法です。
すぐに実践できるので、焼酎ファンは試してみてください!

1.瓶を一本用意します
2.好きな分量の焼酎を瓶に注ぎます
3.そこに水を入れてフタをします
4.1日寝かせます

以上です。
これでどうなるかというと、水だしコーヒーのように
ゆっくり混ざり合い、味がマイルドになるとのことです。
普通の水割りとは違った味わいで、この方法で作ったほうが
断然おいしいそうです。
ぜひ、試してみてください。

超入門―これを知っておけば、皆がハッピー

みなさんはプライベートでバーへ足を運んだことがありますか?
ここでは、バーテンダーに対し失礼が無い方法を1つお教えします。

『バーテン』と言ってはいけない

実は「バーテン」という言葉は、Barと定職につかない者であるフーテンを
合わせた単語なのです。

日本にバー文化が入ってきたのは、1945年以降で、
当時は知識や技術がいらない職業と認識されていため、
働く店を転々と変える者もいたそうで、そういう者をバーテンと言っていたそうです。

そのため現在では、権利を保護するための資格試験制度があったり
見習いをバーテンダー、3年目以上をベテランバーテンダー、
店を取り仕切る人をマスターと呼ぶ方が正しいとされています。

基本的にはお客さんに対し、多くを求めないお店もあるそうですが、
特にバーテンダー同士はこの呼び名には注意を払っています。

これを一つ覚えておくと、
自分自身もバーテンダーも嫌な思いをせず楽しくお酒が飲めますね。

取材協力店

今回、カクテルを教えてもらうために取材協力してくれたのは
2件のお店。ここではその店舗のご紹介をいたします。

友安製作所Cafe&Bar阿倍野店

ジンの種類は14点

インテリアショップとDIYスペースを併設した店舗です。
おしゃれな空間と美味しい食事を堪能してほしい想いから
飲食のメニユーにこだわりをもって提供しています。
ディナーからバーまで幅広い年齢層に楽しめるお店です。
今回、取材にご協力いただいたバーテンのBobの
カクテルを味わいたい方はぜひ、来店してみてはどうでしょうか?

Bobもまた、人が集まる場所でお酒が飲むのが好きなタイプで
「一人で飲むよりもたくさんの人と飲む方が楽しいです。
 ホームパーティーはやりたいですね。ぜひ広めてほしいです」と
ホームパーティーが普及することを熱望していました!

公式WEBサイト=友安製作所Cafe&Bar阿倍野店

Cafe&Bar MArc

メジャーからマイナーな銘柄までズラリ

業界では珍しい
不動産オフィスと保険オフィスがある複合型のカフェ&バーです。
バーテンダーは 田貝輝氏でミクソロジスト。
普段飲めないようなお酒を提供してくれるお店です。
また、ランチタイムは管理栄養士資格をもつ方が考えた
メニューを提供しているので、体に優しい料理が楽しめます。

公式WEBサイト=Cafe&Bar MArc

まとめ

いかがでしたか?
当然、プロは熟練された技で作っているのでマネはしきれませんが
本記事をご覧になっていただくと、カクテルの種類や作り方などのレシピが
分かっていただけたかと思います。
また、カクテルを作るバーテンダーの意味も覚えられたのではありませんか?

ホームパーティーでジンやリキュールを使って
簡単なカクテルを作れると、きっと楽しいと思います。
ぜひ、おすすめしますので、簡単なカクテルをホムパで出してみてください!

 

この記事を書いた人


ホームパーティー推進委員会編集部
ホームパーティーを愛する個性派揃いのメンバーが、ホームパーティーに纏わるレシピ、プラン、豆知識などなど、楽しさ溢れるコンテンツを発信中!