少人数で気取らないパーティーを成功させるための5つのポイント

Plan

  • HOME
  • Plan
  • 少人数で気取らないパーティーを成功させるための5つのポイント

少人数で気取らないパーティーを成功させるための5つのポイント

「ホームパーティで親しい友人や家族をもてなして喜んでもらいたい!」と考えている人はいませんか?
親しい人を招く少人数のホームパーティでは、ゆったりとリラックスしてもらう一方で、”パーティ”として普段とは違う雰囲気を味わってもらいたいですよね。
そこで今回は、少人数開催による気取らないホームパーティの成功のコツを5つ紹介します。

大事なのは段取り 当日までにきっちり準備しておこう

ホームパーティを成功させるためには段取りが一番大切。
「気取らずリラックスしてもらいたい」と考えていても、ホストが忙しそうに動いていると、ゲストも落ち着いてホームパーティを楽しめないですよね。
会場にいる全員が満足できるよう、きっちり準備をして当日を迎えましょう。

お昼から夜まで ゆっくりと語らう時を過ごそう

今回は参加者が気取らずにリラックスできるようなパーティにしたので、時間はお昼の13時ごろから夜の20時ごろまでたっぷりと時間を取っておきましょう。
親しい間柄で少人数の開催だから、食事が済んだあともゆったりとお酒を飲みながら語らう時間があると良いですね。

20時ごろまで開催することで、ゲストはその日の食事を開催場所で済ませることができるので、ゲストの負担が軽減します。

また、少人数とはいえ日程は早めに決めておくことが大切。できれば1ヶ月前には日程候補をあげておき、返信状況から開催日程を決めて、2週間前までには開催案内をしておくとゲストも予定を立てやすいですね。

さらに、ゲストを招待する際にゲストの好みも確認しておくと当日のメニューを決めやすくなります。
アルコールが飲めるかどうか、アレルギーや嫌いなものがあるかなどは必ずチェックしておきましょう。

ゲストの好みに合わせて 料理は前日までに準備しておこう

当日のメニューを決めるときは、もちろん事前に聞いておいたゲストの好みやアレルギーなどを考慮したものにしましょう。

メニューは予算やホストが準備にかけられる時間などによっても変わります。
例えば手料理で提供する、惣菜を揃える、デリバリーを利用する、出張シェフサービスを利用するといった方法がありますので、状況に合わせてベストなものを選びましょう。

手料理を中心にする場合、もしゲストからもらった材料があればそれを使って料理するのも良いかも知れません。
いずれにせよ買い物と準備は前日までに済ませておきましょう。
当日の調理は材料のカットのみにするなどして、ホストがキッチンにこもり切りにならないよう準備しておくとゲストも安心してパーティを楽しめます。

お酒は数種類を用意 ノンアルコールも忘れずに

当日のメニューが決まったら料理との相性やゲストの好みを考えてお酒を選びましょう。
少人数の場合、ボトルを開けるというよりはいろいろなお酒を揃えておくことで、それぞれの好みもあまり気にせずに飲むことができます。

また、今回のように親しい間柄を集めたパーティーなら、会費の代わりとしてお酒を選んで持って来てもらうようにお願いするのも良いですね!
ノンアルコールの飲料も忘れずに用意しておきましょう。

テーブルには一人ひとりにランチョンマットを用意

Vilber ランチョンマット

当日のテーブルコーディネートは、それほど凝ったものにはしなくても、一人ひとりにランチョンマットを用意しておきましょう。
家族をゲストとして呼ぶ場合は普段使いのランチョンマットを使用し、友人をゲストとして呼ぶ時や子供が多い場合はプリントアウトしたお品書きをランチョンマットとして使うのもおしゃれですね!

テーブルクロスを使う場合は、手芸屋にある生地をカットしてテーブルクロスとして利用するのもおすすめです。

■ Vilber ランチョンマット
https://www.a-yuka.com/vilber/cdrvi9014.html

音楽も重要なポイント くつろげるBGMを

最後に、ホームパーティに欠かせないものが音楽です。
少人数の場合は、ゆったりとしたカフェミュージックのような音楽がおすすめ。
くつろぎながら会話を楽しめます。

ストリーミングの音楽配信サービスを利用して、シーンに合わせたプレイリストをBGMとして流すのも良いですね。
基本的には音量は小さめで、好みが極端に分かれる音楽ではなければ、好きなものを流して良いでしょう。

親しい間柄の人をホームパーティに招くときは、しっかりと準備をしたうえで、気取らずにゆったりとした時間を過ごしてもらいましょう。